韓国に生きる

韓国で暮らし始めて随分経ちますが、未だに理解できないことが多いこの国。
それでも生き続けるのです。

スヌンを通して感じたこと


長かった闘いが終わりました。


ちょっと落ち着きました、わたしも。



ただ、来週ノンスル試験(論述)があるため、
一週間集中して準備しなければなりません。


うちのにーさんの場合は ノンスルの準備なんて今まで全然やって来なかったので
心配は心配です。


とりあえず明日(予約投稿なのでほんとは今日)から
ノンスルハグオンに通います。



なんかいろいろとへんちくりんなシステムのようですが
頑張ってもらいたいです。
文系の大学生でも
数学のノンスル問題が出たりすることもあるらしい。@@




☆☆☆☆☆




試験会場は 男女別々で学校を分けるそうですが
当然同じ教室に 他のいろいろな学校から試験を受けに集まってきます。



そこでうちのにーさんが感じたこと。


休み時間毎に タバコ吸って入ってきて
タンベネムセ(タバコのかほり)のために ちょっと大変だったとか


試験問題が配られてから
完全放棄する子がいたり(ひたすら寝る)


最初の国語の問題を見て  しゃーっとチェックだけして Σ(・ω・ノ)ノ
出て行ってしまったり
(留年するつもりか)


髪を思いっきりカリアゲて
ジーンズ姿にピアスまで付けて
終わったら思いっきり遊ぶぞ~!!的なスタイル?
(でも問題は頑張って解いていたらしいが)



そういう子が思いのほか多かったことに驚いたと言っていました。



出来る出来ないより、やるだけのことはやる、と言う姿勢、
それが見えないというのは、それは違うんじゃないかと。
人生、生きる姿勢が問題なのではないかと言ってました。



試験を受ける、というひとつのことを通して
色々な事を学んだということでした。



久しぶりににーちゃん、たくさんお話してくれました。



これには 高校選びも重要になってくるというはなしで
それは日本も同じでしょうけど
出来るだけ前向きに勉強頑張ろう、という雰囲気がある学校に出来れば行けたらいいでしょうね。。



まあ、勉強がすべてではありませんが
何事も真面目に取り組む姿勢って、大切ですよね。


ヨルコン(熱勉^^;)の子ばっかりのかんちゃんだと思ってましたが
ちょっと意外な一面を垣間見たのでした。