韓国に生きる

昨年末、夫が肝硬変を発症しました。日々を幸せに暮らす方法を見つけながらの記録です。

韓国で暮らし始めて随分経ちますが、未だに理解できないことが多いこの国。
それでも生き続けるのです。

楽しいお別れの日

普通お別れは寂しく、悲しいものですよね。


でも、でも♪



嬉しいことだってあるのですよ、みなさん!!




あ、うち、夫婦は一応仲悪い方ではありませんからね。

確かにちょっとちまよって結婚しちまったかなーと思うこた思うけども。

(かんちゃんのことよー知らんかったもんで。)※かんちゃん→ここでは国の名前



嫁にやってきて早やうん十年。

もうすぐ20年だわね。


義母+アルファー、よくやってきましたわい。



かんちゃん人の中でも

あのえ○つない性質をほぼ全て持ち備えていると言っても過言ではないほど

すんばらしいおひと。


ま、そのおかげで強固な精神を持つことができました。



本当にありがたいです。




でももうすぐでお別れ♪


もーうれしくってうれしくって。






ご飯作るのも

お洗濯も

生活すべてがき ら く ♪♪



すでにご飯に関してはセルフサービスでやってもらってますけど

朝から晩まで、昔はやってましたけど

そんな必要は無いと判断しましたもんでね。





早く来い来い、お別れの日。


にっこり笑って

お別れ出来て嬉しいですと、

挨拶する予定です。






※ 良いの皆さんはあまり真似しない方が良いと思います。