韓国に生きる

韓国で暮らし始めて随分経ちますが、未だに理解できないことが多いこの国。
それでも生き続けるのです。

秋夕(チュソク)の真実

またもや 秋夕(チュソク)のお話です。


なんやおもろないな、とおっしゃる方はほかっといて下さっても構いません。

関心おありの方のみどうぞ。



☆☆☆☆☆☆



このチュソクと呼ばれる一大イベントですが

まあ、日本にしてみれば盆みたいなものですね。


離れて暮らす家族や親戚などが一同に集まる日です。


でもこの習慣も時代の流れと共に

だんだん薄れて来ているようです。


親が生きているうちは兄弟同士集まったりしますが

亡くなってしまうとその必要性を感じなくなり、

それぞれの家庭で過ごすところも増えてきています。



うちなんかもそのたぐいです。

そもそも親戚は無い。。というとあれですけど無いに等しいですから。




さて。


久し振りに集まった家族や親戚同士、

和気あいあいと楽しく過ごせるところはいいのですが

そうでないこともあるようでして。



毎年、必ずと言っていいほど

どこそこで悲惨な事件が起こります。。


大抵カネがらみです、親の遺産相続問題がほとんどだと思われます。。



人の命よりカネっていうのもえげつないニンゲンのさがなんでしょうが

ほんとにねえ。



うちなんかはもう万年チュソクみたいな感じですので

もうすっかりずる賢いヨメとして要領得てますけど(笑)




今年のチュソク、どのご家族も円満に過ごすことができる事を

願うばかりです。