韓国に生きる

韓国で暮らし始めて随分経ちますが、未だに理解できないことが多いこの国。
それでも生き続けるのです。

楽しいお仕事♪


義母が健在であられた頃はそうではありませんでしたが
(やれ病院だの、友達に会いに行くだの、美容院に連れて行けだの、
  教会に送って行って再び迎えに来いだの、三度の食事の支度などの為)


亡くなられてからは自分の時間も増えたので


自営業に始まってその他アルバイト等を転々とやって来ました。うふ




実は、女性専用風呂  のカウンターの仕事もやったことあったのですよ。



うちの方のお友達のお友達が
某女性専用風呂の社長をやっておられたのですが
そこ、結構日本人観光客に人気があって(※ 当時)


そこでの仕事を紹介されたのですよ。



カウンターと言えば聞こえがいいですが
まあ、ものすごいややこしいことをせにゃならんとこでした。



お陰様でひと月勤めてクビになりました。
あーよかったと思います。



よー知りませんが
芸能人らしき人も来られていた模様です。
(ほとんど関心なし)



日本人のお客様は 日本語が通じる人が居てよかった~
と、喜ばれていましたが、
ウラ事情をいやでも知るわたくひは
気が気ではありませんでした。



詳しいことは言いませんが、
色々とあれなんです、やっぱり、ほら、観光客でしょ?



ちょっとびっくりですよ、なんか悪いなーという気になってしまいます。




どちらかというと、かんちゃん人メインの所なので
所々に貼り付けてあるのはかんちゃん人用料金。
日本人のお客様に質問されると何と答えたらいいものかと悩みましたわ。



かえって言葉が通じない方がいい場合もあるんだなぁと。



わずかひと月の間に面白いことたくさんありましたけど
そのうち気が向いたらお知らせします。




では。




(予約投稿にしました)