韓国に生きる

昨年末、夫が肝硬変を発症しました。日々を幸せに暮らす方法を見つけながらの記録です。

韓国で暮らし始めて随分経ちますが、未だに理解できないことが多いこの国。
それでも生き続けるのです。

藁をもすがる 韓医院

本日おやすみでした。


夫の病院について藁をもすがる思いで調査中ですが

漢方の話が載っているのを読みました。


そこで、韓薬を試してみるのも手じゃないかと思ったのです。


西洋医学中心の普通の病院では

漢方系をとても嫌がります。


最初夫が入院したとき

韓薬の話もあったのですが、病院の方から良くないと言われていたので

試してみようという考えはありませんでした。



昨日その話をオネエサマにしてみますと

以前義母がお世話になっていた ハニウォン(韓医院)のことを思い出し、

そこに行ってみてはどうかと言う話になりました。


それで、極寒の中行って参りましたよ。(マイナス15度くらい)




☆☆☆☆☆




そのハニウォンなんですが


以前川向こうから車で通っていたので

どこをどう通っていたのかほとんど記憶にありません。

かれこれ10年近く前ですからね。


今の 川こっちに引越してからは

うちから近くなったはず。

調査してみますと。。


あれま、今通っている職場の近くではないかいな。


こんなに近くだったとは、と

びっくりこきました。



何度も車で通り過ぎたはずなのに

逆から見る風景は全く違うものなんですね。




今住んでいる所も当時は工事中でしたから

景色が変わるのも無理ないわな。



☆☆☆☆☆




さて。


診察受けまして、今日から 煎じてもらったお薬を飲みます。


夫のかんちゃんは境界線。


うまくいけばなんとか生きながらえることができ

そうでなければあれですわい。




いい方に向かう事を祈るばかりです。


かんちゃんの病気は恐ろしいです。

皆さんもお気を付けて。



しつこいかゆみ、要注意です。

むくみや黄疸、気をつけましょう、早めの診察を




奇跡を信じて頑張るぞお!!