韓国に生きる

昨年末、夫が肝硬変を発症しました。日々を幸せに暮らす方法を見つけながらの記録です。

韓国で暮らし始めて随分経ちますが、未だに理解できないことが多いこの国。
それでも生き続けるのです。

味付けの変化

夫が体調を崩し、入院→退院してからは

味付けがごろっと変わりました。


すべて夫中心です。




これは最近の ある日の夫の食事









スンドゥブ、三つ葉としいたけのお浸し、鶏ささみ肉のトングランテン(つなぎは米粉)

大根の味噌汁





退院当初は 汁ものは特に

私らが食べる物とは別に味付けをしていました。


が、わりとめんどくさいので、家族一緒くたで うす味で作ることにしました。




ほんとーに薄いです。



こちらの悪口に、坊さんが顔洗った水みたい なんて言うのがありますが

まさにそのレベルです。



でも不思議と何日か続けて食べていると

それが普通になってきて、かえって素材の味の美味しさに気付くことになります。





夫のおかげで健康食をいただいてます。



人生、苦もありゃ楽もある~♪


ということで。