韓国に生きる

昨年末、夫が肝硬変を発症しました。日々を幸せに暮らす方法を見つけながらの記録です。

韓国で暮らし始めて随分経ちますが、未だに理解できないことが多いこの国。
それでも生き続けるのです。

韓国の英語教育 その1

お約束していた英語指導について。



ま、別にあれですけどうちの場合です。

覚書ということで。




☆☆☆☆☆




かんちゃんでは英語教育、幼少の頃から頑張りますよね。

うちが始めたのは 5歳くらいからだったか?


最初はトンネにあった 小さな英語本専門の本屋さんで開かれていた

英語の絵本読み聞かせ教室 なるものに通っていました。




しばらくして

会員が増えた事もあって そこが手狭になり、

すぐ裏の建物で ちょっとした英語教室が開かれることになりました。



絵本とカセットテープがセットになったものを購入し、

それでもって遊びながら 歌ったりして覚えていくという感じ。





何ヶ月か通ったあと、そこの園長というか社長というかに

雇われていた先生から、こそっと耳打ちされます。



ここでは続けていてもあまり効果は期待できないから

Тヨンオ(英語)かなんかに変えたほうがいいですよ、

なんてことを言われました。



ご存知とは思いますが

Тヨンオは 当時Yヨンオと並んで

会員がたくさんいる、訪問式英語学習システムの名前です。




続きはまた~~





すみません、面白くなくて。