韓国に生きる

昨年末、夫が肝硬変を発症しました。日々を幸せに暮らす方法を見つけながらの記録です。

韓国で暮らし始めて随分経ちますが、未だに理解できないことが多いこの国。
それでも生き続けるのです。

義母が望むもの

今日も休みだ嬉しいな♪


ちっとも嬉しくありません、カネもうけできないので。

でも夫のケアーが出来るのでその点はよいですね。



今日はちょっと違った方向からしたためます。



☆☆☆☆☆




8年前に亡くなった義母はとても建設的な方でした。

考え方がモダン、といいますかですね。


亡くなる前、墓作ったって管理が面倒だから

そこら辺に生えている松の木なんかを一本決めて

そこに散骨したらいい、と聞かされてきました。



そこら辺の松の木というのはあまりにもあれなので

チュンジュに木蓮公園というのがあるのですが

そこで火葬してもらったので

ついでと言っちゃなんですが そちらで散骨してもらいました。



年に一度くらい 訪れては義母の思い出話を語り合ったりします。



かなり厳しい方でしたが

※メンメーンハン(笑) イルボナァ を嫁に迎えてしまったので

大変だったことでしょう。


※ ちんたらちんたらしとる、日本のおなご



でもおかげさまで本当に鍛え上げられて

恐ろしいほどたくましい、ちょっとやそっとではつぶれない

すごいねーさんになりました(自分で言っとる)




義母もすごかったですけど

おまけもおるもんでそらまたえらいこっちゃでしてのお、

今に至っているというわけなのですわい。




本題に入る前に説明が長くなってしまいましたので

続きは後日。

(英語シリーズもあるし連載ものがよーけあるな)