韓国に生きる

昨年末、夫が肝硬変を発症しました。日々を幸せに暮らす方法を見つけながらの記録です。

韓国で暮らし始めて随分経ちますが、未だに理解できないことが多いこの国。
それでも生き続けるのです。

引っ越し完了

いろいろありましたが

無事移動終わりました。



引っ越し会社で働いている人の多くが

モンゴルの方だというのはご存じですね?


それでというわけではないのですが

ちょっとトラブルがございました。



契約時の時の内容より荷物が多いから

ワシらでけへん!!



と、ブツクサ言い出したので、

うちの方がとっても気分を害されまして

もー、やらへん!!


となってしまいました。


契約時に来られた所長さんが呼び出し食らって大騒ぎでしたのよ。



それでスタートが随分遅れました。



☆☆☆☆☆



普通の引越しですと

台所関係を担当するおねいさん含めて 五人くらいでやりますが、

今回は一部引越しだったため

おねいさんは呼ばず、本来は二人の予定のところ

予想以上に荷物が多かったので、一人プラスしました。


前もって箱やカゴを持ってきてもらって、

自分たちで出来るところまで荷造りします。




食器類はほとんど詰めておいたのですが

食べ物関係は当日でないとダメですので

わたくし自ら 引越しセンターのおねいさんになって

ちゃちゃちゃーと、荷造りしましたよ。



あまりの要領の良さに、

引っ越しセンターのおねいさんにもなれそうでした うふ

(自我自賛)




今回失敗したこと、


きちんと包んだつもりでしたが

三つほど割れてました(泣)




でも人件費セーブしたのでとってもお値打ちにできました。




まだ片付け終わってなくて 億万ちんちょう(笑)ですが

頑張りますよ~~~~