韓国に生きる

韓国で暮らし始めて随分経ちますが、未だに理解できないことが多いこの国。
それでも生き続けるのです。

母友とは

 ママ友、母友、いろいろ呼び名はあるかと思います。
 いればいたで良い面も多いかとは思いますが
 別にいなくたって 子供はちゃんと育ちます^^


 人間付き合いほどめんどくさいものはないと思うのは
 多分私だけだとは思いますが(笑)
 母親同士でちゃんとそれなりの関係を築いていないと
 子供がワンタになるとか、言う人も中にはいました。(定期的に モイムなどに参加したり)


 私には特別仲の良い母友はいませんでした。
 でも、とりあえず今うちの男児は高3ですが
 ワンタで苦しめられたということは一度もありません。


 かえって友達に助けられた方ですね。。



  ところであのママ友と呼ばれる集団、グループですか、かわいく言うとㅋㅋ


 見ると何となしにぎょっとします。


 小1の時に委員をやったおかげで、委員の母親同士での集まりがあるときには
 仕方なく出かけて行きましたけど
 大抵はその場にいない人の悪口系の話に花が咲くという低いレベルの集まりでしたので
 必要がなければ参加したいとは思いませんでした。


  幸いシオモニと一緒に生活していたため
 行きたくない場合は口実になりましたので随分助かりましたけども。


 そういうことで、特別俗にいう ママ友 という付き合いなしで今までやってきました。


 だからといってここでの暮らしに支障があったとか
 子供の学校生活に問題があったとか、一切ありません。


 
 はっきり言って、韓国人で友達と呼べる人が現れたのは
 つい最近のことでそれも職場でです。


 母親同士の付き合いがあろうとなかろうと、
 子供は勝手に気の合う子と友達になり、ちゃんとやっていきます。


 ただ、小学校のうちだけは、担任の先生との関係はうまく築いていった方が良いと思いますが。
 時々お掃除などの奉仕の手伝いなどあれば出かけて行くのもいいかもしれません。
 学校の様子とか、把握できますしね。
 


 人それぞれですからばんばん母友作って交流したいという方はされたら良いと思います。


 私はそういうの苦手でしたので
 子供自身が積極的に委員になり、母親がいやでも学校生活に引きずれこまれるように(笑)
 仕向けてくれたという有難い話^^



 何事も無理やり仕向ける必要はないということです。



 なるようになる。



 (*^_^*)



 


 


 



2017-03-19 |  教育関係  |