韓国に生きる

韓国で暮らし始めて随分経ちますが、未だに理解できないことが多いこの国。
それでも生き続けるのです。

わたしはわかりません。

今晩は。数日ぶりです。


アルバイトなんですけどお勤めしているので

くたびれるとなんにもやる気がなくなるため、ブログもお暇したりすることが多いです。


きっとおつかれなんだなあと暖かいまなざしで見守って下されば幸いです。


まあいいですけど、そう大したことかいてませんもんで。



さて。



どうしてこうみんな、芸する人たちのことを話すのが好きなんでしょうか。


元々にっちゃんでも余程の事がない限り関心を持たないのですが

かんちゃんではなおさらです。

(あ、にっちゃんでは小学生の頃 鶴田浩二がいいなーと思っていました。おおっ)

ドラマもまず見ませんし。


誰が好き~~?


と聞かれても、わたしゃ知らんと答えるしかありません。


だれだれと名前を言われてもさっぱり分かりません。

そもそもかんちゃん人の名前を覚えるのがすごく苦手です。

(あんたかんちゃん人の嫁ってほんとっすか?)


あ、唯一 ペヨンジュンとか言う人はわかります。

何故って?

誕生日が同じだからです(そういう理由かね)


こんなに長らくかんちゃん生活をしているのにも関わらず

ここまで無知な人もまれだと思います。


わたくしには直接芸をやっている人の知り合いはいませんが

うちのにーちゃんが中学の時にクラスメイトのご両親がそういう関係で

その子曰く、色々言われるのが嫌だとぼやいていたということです。


そして、休みの日になんかの撮影で テレビ局からどやどや人が押しかけてきて

なんかの番組やってたりしましたけど


うちのにーちゃんなんかうちでぼけーとくつろいでいるのに

ああいう星のもとに生まれた子は気の毒だなーなんて思ったりしたものでした。



同じ人間なのにねえ、大変だなーと。


ほら、Fくんとかもうちまで押し掛けてるでしょ?

かわいそうだと思いますわたしは。



そういうわけで、ま、仕事先でかんちゃんのおねいさんたちは

えらい盛り上がって楽しそうですが、ひとっつも面白くありませんので、

聞いているフリをしながら仕事に集中するにっちゃんおねいさんでございました。




さて、あと一日頑張るわよ。