韓国に生きる

昨年末、夫が肝硬変を発症しました。日々を幸せに暮らす方法を見つけながらの記録です。

韓国で暮らし始めて随分経ちますが、未だに理解できないことが多いこの国。
それでも生き続けるのです。

見極めるのはむつかしい

せっかくですので、続きがあると言った以上は責任持たないといけませんよね。(ええ?)



とは言え、そこまで神経質になる必要はないと思いますが

そんなこと言ってたら食べるものなくなりますもんで。


最低限にさせていただきます。(うそかもしれへんけど)



むかしお知らせしたことありますので

既にご存知の方も多いと思いますし、

こちらで暮らしていれば どこそこから入って来る情報ですので

何を今さら!!

と、おっしゃる方もおいでだと思います。


ほっといてください、わたくしの趣味なんです。(なんで怒る?)




わたしはネンミョン好きで、とくにフェネンミョンが好きなんですよ、

あの辛いやつ♪


昔はムルネンミョン(汁のやつ)しか食べられなかったのですが

最近は外で食べる場合はほとんどビビンネンミョンです。


で。



以前ムルネンミョンについて 何かの番組で紹介されたのですが

私たち消費者は 伝統ある有名ネンミョン店 などとうたわれていれば、

ユクスもちゃんと天然ものの材料でダシとっているのだろうと信じるのが当たり前(だのクラッカー) ーー;


しかし、調査によりますと

あのユクスは ダシなんかとっていなくて


水 + 酢 + 砂糖 + ○シダ



を調合しただけのものであるということなのです。



実際、消費者を対象に実験を行ったところ、

ダシを出したユクスと ダ○ダで作ったユクスを 知らされていない状態で食べてもらったところ、

かえって ダシ○で作ったユクスの方が美味しくて、本物ではないかという反応ばかりでした。

(伏字になっとらんな)


後で知らされてびっくり仰天。



伝統ある店だからと言って

まるまる信じてはいけませんと言う話。




もちろん、真面目にやっているお店も多いとは思いますが

なんとも言えませんよね、実際厨房に入って確かめるわけにもいきませんから。



真面目にダシとって良心的な価格で出していたら

潰れますホントに(経験者は語る ^^;)


値段は正直だというのは そこらへんがゆえんなのです。




むつかしいところですけどね。